なぜ家庭用脱毛器より脱毛サロンの方がいいの?

これから全身脱毛を行う場合、自分で処理するか脱毛サロンで行うものなのか、初めての方にとっては思案のしどころです。しかし、やはり最初は脱毛サロンでの全身脱毛をおすすすめいたします。

一般の部分脱毛であれば、家庭で市販の脱毛器を使って処理をしても、効果が出るのですが、全身脱毛となるとそうはいきません。なぜなら、前面背面やデリケート部分を含めて、1人で行うこと非常に難しいからです。さらに、家庭用の脱毛器の種類や性能によっては、一定の部位の脱毛に使うことができないなどの制約がある場合もあり、考慮すべき点も多いのです。

 

また、現在脱毛の際の痛みがかなり少なく、処理後の肌への負担が比較的少ないと言われているフラッシュ方式の脱毛についても、肌への影響が全くないとは言えません。

そして、脱毛処理をした後に、万が一肌に赤みや異常が出た場合、個人では解決が難しく、パニックになることもあります。この反面、サロンでは各々の肌の状況に合わせて、カウンセリングや施術計画を作成してくれることもあります。

現実的な問題ですが、家庭用の脱毛器になると照射パワーの元になるカートリッジの交換の関係で交換費用も数千円単位になりますので、長期的に使用していく場合、非常にランニングコストが高くなる傾向があります。むしろ、一定期間で確実な効果を出していくという意味では、脱毛サロンでの処理されるほうが、安くなっていくこともあるのです。

コストパフォーマンスや脱毛後の肌の安全も含めて、ぜひ脱毛サロンでの施術をご検討ください。

 

全身脱毛サロンのエタラビはどんなサロン?

 

では、実際の脱毛サロンはどんな特徴があるのか、いま話題のエタラビ(エターナルラビリンス)を例にご紹介してみたいと思います。

 

脱毛に特化したエステサロン「エターナルラビリンス」は、一目でわかる金額設定が特徴です。

そして、すべてのコースが回数制になっています。

回数制というと、注意したいのが利用期限。よく「1年以内に8回」や「3年以内に30回」などと普通は

数年以内で利用するように期限が決められていることがあります。

その場合は、利用期限が過ぎてしまうと利用回数が残っていても無駄になることも…。

 

もしも妊娠をしたとすると、1年や2年は自分の時間が無くなり、サロンに通う事も出来なくなってしまいます。

初めはお得な金額だと思っても、こうなると結局は高くついてしまいます。

そんな回数制の短所を解決したのが「エターナルラビリンス」の回数制です。

 

「エターナルラビリンス」の嬉しい制度の一つに、「期限が無期限」コースが設けられている事が挙げられます。

きれいになるまで何度も通う必要のある全身脱毛をする場合は、期限の無いコースを選ぶと、スケジュールに余裕を持って脱毛を続けられます。

「エターナルラビリンス」の脱毛方法は、肌にやさしく痛みも少ない光脱毛。

最新式のマシンを使用しているので、なんと処理速度も通常の2倍以上も速くなっており、特に一回の施術時間が長くかかる全身脱毛をする人にはうってつけのサロンです。

 

コラーゲン配合のジェルを使用し、アフターケアも万全です。

全身脱毛でもリーズナブルな金額設定で、しかも期限ナシで通い放題のコースもあります。

ただ、先着順で締め切りもあるので、申し込みは急ぐ必要があるかも…。